Z1000MK2のリヤにTZ用カンパをセッティング(10)

続きはヘリサート処理からでしたね↓

画像

スプロケット側から終わらせて、
ディスク側の処理↓

画像

彫刻機の位置関係から4穴の3カ所しか開けてなかったので、
ネジ3本で固定して残りの穴開け↓

画像

画像

ディスクの取り付け確認

画像

切り粉を掃除してベアリングを組み戻し

画像

スプロケットのダンパーハブを仮組確認

画像

スプロケットに刻印して

画像

アルマイト処理の準備完了↓

画像

アルマイト処理したら組み込みです↓

画像

画像

画像

市販のボルトは長いので↓

画像

短くしないとスイングアームに当たります、
キャリパーの取り付け確認を済ませて↓

画像

スプロケットボルトの加工です↓

画像

画像

画像

画像

組み立てたらスイングアームを装着して確認↓

画像

画像

スイングアームが若干狭かったのでキツ目でしたが、
無事装着出来ました♪

2月にお預かりしてた仕事でしたが、ようやく納品完了(ほっ)

少しは仕事場が広く感じます(苦笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント