モンキー用オイルクーラー製作記210 改良型馬蹄形キット(21)

先日アルマイト処理が終わってたんですが、
すぐには着手出来ず、
昨日から今日にかけてOリングの接着作業を進めてました、
たかがOリングなんですが、
やたら時間がかかったのは、
はみ出した接着材の除去作業なんですよね(苦笑)

どうにか綺麗になったので組み立て開始です、
まずは増設無しで組み立てます↓

画像

画像

画像

画像

問題無いようなのでバラして専用寸法のネジを袋詰め↓

画像

今度は増設付きで組み上げます↓

画像

画像

組み付け準備完了です♪

画像

午前中はフロントサポートを進めて、
立体化と実装確認まで済ませました♪
明日には刻印してアルマイト処理出来そうです。

で、午後イチでリトルカブを引っ張り出しました、
まずはオイルブラウザを外します↓

画像

画像

ベースクーラーにガスケットを装着↓

画像

まずはベースクーラーを実装↓

画像

画像

レッグシールドを外さずに装着したかったわけですが、
結構大変で現実的では無いかもですね(笑)

いよいよ増設付きクーラーを装着します↓

画像

画像

ネジを回すのにレッグシールドが邪魔なので、
ゴムハンマーを入れて浮かしました、
付け外しの時にはレッグシールド無しが良いようです(苦笑)

で、
レッグのネジを締め上げましたが↓

画像

画像

まるで測ったかのようにぴったり張り付きます(焦)
C70のレッグシールドと同じ寸法かはわかりませんが、
基本設計が同じなので変わらないかと思いますです。

とりあえず、とカラーを探して来ました↓

画像

厚み6ミリのカラーが2個、
ほんとは10ミリあれば沢山かと思ったんですが、
在庫がこれしか無かったので良しとします、
これをレッグロアーのカラーとシリンダーの間に入れました。

とりあえずクーラーとレッグシールドの間は開きましたヨ♪

画像

画像

実装完了で~す♪♪

画像

これでエンジン始動、
徐々に回転を上げてオイル漏れの確認、
問題無いので何度か実走行してみましたが、
オイル漏れは無し♪♪

改良は成功した模様です。

かなり回転を上げてクーラーに触ってみましたが、
まあまあ暖かい程度で何時まででも触っていられました♪

クーラー効き過ぎ?(笑)

今日はここまでにして、
明日の午前中にエンジンを回して最終確認しようと思います、
午後からバラして洗浄、組み戻したら梱包の予定です。

この記事へのコメント