Z1000MK2用フロントキャリパーブラケット製作(5)

出来たと思って納品したら問題発覚!
ブラストじゃ無いよ「ブラシト」って言ってたよ、と(焦)
確かに6年前はブラストの道具が揃って無くて苦心した気が(汗)
今では「鋳造肌仕上げ」と呼んでる技術なんですが、、、
覚えてなかったです(苦笑)

と言う事でブラッシング↓

トキワZ1000MK2にCP2696サポート&ディスクスリット加工-56.jpg
ハンドドリルにカップブラシ、
材質によって荒れ難かったりしますが、
この材料は硬いので難儀します(汗汗)

それでも側面は楽だったりします↓

トキワZ1000MK2にCP2696サポート&ディスクスリット加工-55.jpg
平面に苦戦してたら更なる問題発覚!
ネジ穴が曲がりぎみとか、、、
30年以上前に修行してマスターしたフリーハンド平行出しが、
まともに出来なくなってるようです(焦っ)
どうやら視力の減退も影響してるかもです。

更には裏面がディスクに当たりそうで1ミリ削る必要有りとの事(汗)
図面をよく見たら確かにそんな記述が、、、
追記で書かれてたのを無視してしまったようです。

と言う事で裏面削り↓

トキワZ1000MK2にCP2696サポート&ディスクスリット加工-57.jpg
ネジ穴を修正する為に旋盤のセッティング↓

トキワZ1000MK2にCP2696サポート&ディスクスリット加工-58.jpg
旋盤チャックにタップをセット、
刃物台に平行板を固定して芯出ししたサポートを固定、
旋盤チャックと刃物台を手で同時に動かしてネジ切りです↓

トキワZ1000MK2にCP2696サポート&ディスクスリット加工-59.jpg
サポート3枚のうち何箇所かはハッキリとネジ穴が曲がってました、
立て直しでガタガタになる程では無いので大丈夫だと思いますです。

今後の事を考えて道具を探してみました↓

タップガイド.jpg
タップガイドと言う物ですね、
存在は知ってましたが、
腕に自信が有ったので無視してました、
当たり前なんだけど老化の影響は痛みだけじゃ無いですね〜(溜め息)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント