アルマイト落としに挑戦、と思ったら塗装みたいだった件。

今日は久しぶりな掛け持ち作業(笑)

「老舗大御所」旋盤物を中心に、
フロント回りの着手手順の確認とかあれこれです。

合間を見てこれに塗装剥離スプレーを試してみました↓

キャラメル ドゥカティ用カムカバー半艶研摩仕上げ-11.jpg
剥離スプレーを吹き付けます↓

キャラメル ドゥカティ用カムカバー半艶研摩仕上げ-12.jpg
塗料が浮き上がるのは3〜10分との事ですが、
少し長めに放置してみました↓

キャラメル ドゥカティ用カムカバー半艶研摩仕上げ-13.jpg
全く変化が有りません(焦)
最近の塗装にはパウダーコートとか色々と有るようなので、
昔の標準なアクリル系用では剥がれないんでしょうか、、、。

仕方が無いのでまたまた排水パイプクリーナーに浸けてみます↓

キャラメル ドゥカティ用カムカバー半艶研摩仕上げ-14.jpg
長い時間浸けてみましたが↓

キャラメル ドゥカティ用カムカバー半艶研摩仕上げ-15.jpg
赤いのは大分落ちましたが、
平らな面が荒れ始めました(汗)
漬け込みは終わりにして研ぎ出す事にしました。

軽くペーパーを当ててみましたが↓

キャラメル ドゥカティ用カムカバー半艶研摩仕上げ-16.jpg
外周には鋳造品特有な凸凹が出てきました?
どうやら鋳物のようですね〜
鋳物ならアルマイトは向かないので塗装で間違い無さそうです。

と言う事で仕上げはアルマイトでは無く生ですね。

半艶磨きとの事なのでバフがけ後にブラッシングがベストかと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント