海外製エンジン用T社クラッチカバーに油圧ユニット装着(2)

着手記事から大分経っちゃいましたね(汗)

昨日の作業分からになります、
まずはプッシュロッドの位置確認↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-09.jpeg
レリーズのロックネジを外します↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-10.jpeg
まずは冷間でドライバーを回しましたが、
硬くて緩みません、
バーナーで焼いたら回りました(ほっ)

レバーを外します↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-11.jpeg
シャフトを回してプッシュロッドを抜き取り↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-12.jpeg
最後にシャフトの抜き取りですが、
すんなりは抜けてくれません(汗)

シャフトを万力に固定してプラハンで本体を叩いたら抜けました↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-13.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-14.jpeg
オイルシールが固かったんですね。

昨日はここまで、
今日は穴開け用治具の製作です↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-15.jpeg
採寸設計した長さの棒を4本、
旋盤で削ります↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-16.jpeg
センタードリル↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-17.jpeg
ドリル↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-18.jpeg
面取り↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-19.jpeg
タップ↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-20.jpeg
組み立て↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-21.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-22.jpeg
治具完成で〜す♪

旋盤作業はキツいので今日はここまで、
明日は定休日ですが、最低でも穴開け位は済ませたいと思いますです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント