スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み(1)

奇妙なタイトルになりましたが、
どう表現して良いかわからなかった為です(笑)

もしかしたら下ごしらえと言うのかも知れません。

預かったのは純正インマニと材料↓

藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-02.jpg
この材料にネジ穴とシールラバーの溝とポートのザグリ、
ポートのザグリは深さ5ミリまで、後は現物合わせで削り込むそうです。

まずは採寸からですが、
藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-01.jpg
長いので手持ちのノギスでは全長が測れません(汗)
ま、物差しでも有る程度の精度は出せますからね、
振り分けでセンターラインを引いてやれば問題無いです。

精度を確保する為に型板材料を利用します↓

藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-03.jpg
ネジ穴径のドリルでネジ穴の芯をグリグリします、
この状態でポートを書き込み↓

藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-04.jpg
これを使って各部の寸法確認、
図面に数値を書き込んだら現物に書き出します↓

藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-05.jpg
ポートとラバー溝は4ヶ所共同じなので一つの原版だけでOKです♪

型板材料に書き込み↓

藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-06.jpg
これを切り出して仕上げます、
細いリング状で接着強度に不安が有る為、専用のベース板を用意、
接着しました↓

藤咲自動車スズキ、スイフト用インマニ材料削り込み-07.jpg
普通は接着後30分〜位で原版を作りますが、
完全に固まるように一晩以上おきます。

時間が取れれば明日にも原版を作りたいと思いますで〜す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント