海外製エンジン用T社クラッチカバーに油圧ユニット装着(4)

相変わらず足腰の具合が良く無いので仕事が進みません(涙)

しょぼい内容ですが、とりあえず昨日の作業分から書きますです。

まずは油圧ユニットの配置を検討↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-33.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-34.jpeg
ホースの選択自由度は有るようですね。

ネジ穴開けですが、まずは1箇所に穴径のドリルでポンチします↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-35.jpeg
ユニットを退けてネジ太さのドリルで貫通させます↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-36.jpeg
ユニットにネジを挿して位置固定、
残りの穴にネジ穴径ドリルでポンチ↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-37.jpeg
ユニットを退けて穴を貫通させますが↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-38.jpeg
1箇所内側のリブが邪魔をしてドリルがズレそうなので、
彫刻機で開けます↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-39.jpeg
無事に貫通したのでユニットを入れてネジを挿して確認↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-40.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-41.jpeg
問題無いですね♪

昨日はたったこれだけしか出来なかったです(悲〜)

で、今日の作業分。

ねじ穴の部分が湾曲してるのでネジ回りを平らに削ります↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-42.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-43.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-44.jpeg
シリンダーにOリングをネジ穴にはアルミワッシャーを入れて確認↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-45.jpeg
問題無いようなのでレリーズ穴ブッシュの設計に入ります↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-46.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-49.jpeg
シャフトを仮止めして突き出し寸法の確認↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-47.jpeg
プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-48.jpeg
図面↓

プロドライブ タケガワクラッチカバー油圧化-50.jpeg
今日はここまで、
2日分にしてはかなりしょぼいでしょ?(苦笑)

僅かずつでも作業し続ければいつかは終わりますからね、
めげずに頑張りますのでよろしくで〜す。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント